勃起不全で悩む男性の写真

あなたの勃起不全は、心と体のどちらが原因によるものかを理解しましょう。勃起不全は一人で悩んでいても治りませんので、必要に応じて専門外来の医師とのカウンセリングや効果的な治療薬の処方を受けましょう。現在では通販からも購入できます。

勃起不全の治療に健康保険の使用は可能?

勃起不全の治療には健康保険は使用できません。
勃起不全は成人病に分類されますが、生命に関わる症状ではありません。
肥満は寿命を縮めますし、脂質異常症や高血圧は動脈硬化を促進させます。
これらの成人病は重大疾患の引き金ともなるため、放置しておくのは危険です。
風邪などもこじらすと面倒なので、健康保険で治療することが可能です。
勃起不全に関しては命には影響しないため、ED治療薬の処方にも健康保険の使用は不可能なのです。

同様に包茎や早漏、短小などの治療にも保険は使えません。
ただ、真性包茎に関しては性病のリスクを高めることから、手術には健康保険の使用が可能です。
仮性包茎は病気には分類されていないため、手術を受ける場合は自費診療となります。

個人輸入に偽物のED治療薬が出回っている理由は、ED治療薬の価格が非常に高いためです。
保険の適用外なので、安くとも1錠1,200円はします。
性生活が充実するほど薬代は高くつくため、医療機関で処方を受けずに個人輸入で入手しようとするのです。
しかし、ED治療の先発薬に関しては、医療機関で処方される価格と大きく変わりありません。
個人輸入が激安とされる理由は、格安のジェネリックを販売しているからです。
先発薬と比べて、2割を下回るほど安価な薬もあります。
1錠200円程度の薬も多く、月に10回服用しても2,000円ですみます。
これが先発薬だと月に2万円近くかかってしまうでしょう。

今後もED治療薬は健康保険の適用になる予定はありません。
薬代を抑えるためには、何よりも早く勃起不全を改善することが大切です。
医療機関では生活指導も行われるので、それに従って生活を見直していきましょう。
勃起不全の原因さえ解消すれば、年齢相応の精力まで回復させることが可能です。