勃起不全で悩む男性の写真

勃起不全に要注意

あなたの勃起不全は、心と体のどちらが原因によるものかを理解しましょう。勃起不全は一人で悩んでいても治りませんので、必要に応じて専門外来の医師とのカウンセリングや効果的な治療薬の処方を受けましょう。現在では通販からも購入できます。

あなたの勃起不全は、心と体のどちらが原因か

勃起不全は大きく分けてメンタル面が原因となる心因性の物と、身体的不調が原因となる器質性の物に分けることが出来ます。
これら二つはどちらも勃起不全が引き起こされるという結果自体は同様ですが、しかしながら原因が異なる以上は必要な治療も異なるとして考えなくてはなりません。
まずメンタル面が原因となる心因性勃起不全の場合ですが、ここで必要になるのはカウンセリングや抗うつ剤・抗不安剤といったような投薬による治療でしょう。
肉体的な問題が発生しているわけではありませんから、原因となっている精神的な不調を取り除いてしまえば勃起不全は自然と良解消されていくようになるわけです。
対して器質性勃起不全の場合ですが、これは主に高血圧や糖尿病と言ったような病気のシグナルとして勃起不全が生じるケースがかなり多く見受けられます。
高血圧の場合は陰茎部の血管に動脈硬化が発生して血流が阻害される、糖尿病の場合は血管が高血糖にさらされ続けることによって陰茎海綿体に分布する神経に不調が発生するのが原因とそれぞれに違いがありますが、高血圧患者の場合は6割、糖尿病患者の場合は8割ほどが勃起不全を抱えているとされていますので原因としては無視することが出来ません。
さて、これらの原因の違いがどういったことで重要なのかと言うと、これは言わずもがな治療の方針に違いが出ることでしょう。
心因性の場合は先ほど触れたようにカウンセリングや抗うつ剤・抗不安剤の処方、器質性の場合はそれぞれの不調の原因に応じた生活改善や降圧剤、インシュリンなど必要な医薬品の投与による治療が必要になるでしょう。
勃起不全の治療は原因を特定せずに始めても効果が期待できませんから、必ず専門医の診察を受けるようにしてください。

更年期障害と勃起不全の関係

男性の勃起不全の原因にはさまざまなものがありますが、主に40代以降などの年齢になってから生じる勃起不全の中には「男性更年期障害」によって発生しているものがあります。
よく更年期障害は女性特有の症状と言われますし、これまでの医学においても更年期障害は女性特有のものだとされていました。
ですが最新の医学では男性にも女性の更年期障害と同様にホルモンバランスの変化によって更年期障害と呼べる症状が出ることが明らかになっています。
この男性の更年期障害では男性ホルモンの分泌量の低下が原因としてありますので、男性ホルモンが強く関連している「勃起」という体の仕組みに対して大きな影響を与えることがあるのです。
そしてこの男性更年期障害による勃起不全が発生した場合、行われる治療法も通常の薬物投与とは異なる男性ホルモン補充療法となることが多いということは知っておかなくてはならないところです。
もちろんバイアグラなどの勃起不全治療薬による治療も並行して行われることはありますが、そもそも男性ホルモンの量が少なくなってしまっているのですから勃起不全治療薬だけで完全に対処することは困難なのです。
ただし男性ホルモン補充療法を行う際には前立腺がんや多血症、肝障害などの副作用が生じる可能性があると指摘されていますので、この副作用に関する説明を十分に受けた上で勃起不全の治療を行っていくかどうかの決断を下すようにした方が良いでしょう。
また40代以上の年齢になった男性が勃起不全を生じた場合であっても、それが男性更年期障害によるものかどうかは診察を受けるまで断定できません。
日本国内ではうつ病など他の精神的なことが原因として勃起不全が引き起こされることもありますので、自己診断はせずに専門医の診断を受けましょう。

漢方薬や精のつく食べ物で勃起不全は治る?

勃起不全を治療する方法としては常に様々なことが言われており、ドラッグストアなどでは勃起不全を解消するというふれこみの商品が販売されるようにもなっています。
その中には精のつく食べ物を原料としたり、漢方由来のエキスを使用したりといったようなものが多く見られるのですが、実際のところこうしたもので改善が出来るのかと言われると、これは何とも言えません。
そもそも勃起不全が引き起こされる原因には精神的なことと肉体的なことがあり、このうち肉体的なことが原因となっているのであれば精のつく食べ物では解消できない可能性が高いと言わざるを得ないでしょう。
ただ漢方薬に関してはそもそも東洋医学に基づいて原因を推定し、それを改善できるように生薬を調合していくわけですから、そうした正しいステップを踏んで処方されているものであれば改善効果を見込むことが出来ます。
ただ漢方薬は人によって必要な処方が異なり、かつ体質などに合わせて最大の効果を引き出せるような調合が出来る技量がある漢方医が薬を処方してようやく意味のあるものですから、ドラッグストアで木製品として販売されているような物に関しては効果が少々劣るとして考えた方が良いでしょう。
ちなみに精神的なこと、特に一時的な不安感やストレスが原因となって引き起こされる勃起不全の場合だと、精のつく食べ物や漢方薬による改善は十分見込めます。
精神的なことが原因なのであれば「これを飲めば治る」と強く思いこめる何かがあれば改善できる可能性もあるため、もしドラッグストアで購入した商品などに強い信頼感を持てるのであれば使用する価値があるわけです。
ただ精神的な勃起不全か肉体的な勃起不全かの判断は専門医でなくては難しい部分もありますので、思い込みだけで選ぶのは避けた方が良いとして覚えておきましょう。
■専門医の治療を受けるのもおすすめです
ED治療したい人は港区へ
■素敵な夜を過ごす為に
女性用バイアグラ